低金利の時代こそ余裕を持った住宅ローンを

住宅ローンを組んで住宅を購入するタイミングを見計らっておられる方も多いでしょう。金融緩和としてマイナス金利が導入され、住宅ローン金利の一層の低下を期待されていた方もおられたでしょうが、各銀行は住宅ローン金利は据え置いたままです。

しかし、現在でも十分に金利は低く、金利面からは買い時と言えるでしょう。消費税の10%へのアップは実施されるか否か不明瞭ですが、消費税がアップする前に購入するのも良いでしょう。

ただし、金利面からはローンを組んで住宅購入するには良いタイミングと言えども、給与所得は思う様に上がらない状況です。従って、ローンを組む際には、賃金は大きくアップする事はなく、金利は当面は急激にな上昇はないでしょうが、35年と言った長期間の間には、上昇する事も考えて余裕を持った返済計画が組める金額を借り入れる事が重要です。

近年では、大企業と言えども急激に業績が悪化する事も少なく無く、リスク回避のために賞与を当てにした返済計画は組まない方が良いでしょう。

幸い賞与が出るなら、金利上昇局面や定年退職後にも返済を続ける必要がないように、賞与を預貯金に回して置き、いざと言う時にタイミングを見計らって繰り上げ返済に回すと言った余裕資金とすべきでしょう。金利が低水準の時こそ、余裕を持った返済計画を組ま事が重要なのです。

また、更には金利が高かった頃に住宅ローンを組んだ人にとっては住宅ローンを借り換えする最大のチャンスともいえます。
10年ほど前は、金利が3%以上ありました。
今の金利は1%以下なので住宅ローンを借り換えることにより、何百万円もの利子が戻ってくる可能性もあります。
家を購入後、10年以上経過しているのであれば外観(屋根や外壁)が劣化してきてリフォームが必要になっている人も
いるかと思いますが、そんな時には借り換えとリフォームローンを組むことをお勧めします。
リフォームローンを組んでリフォームしたとしても金利が下がっているので月々の支払いが下がるなんてこともあります。

<広告>
PageRank表示リンク相互リンクダイレクト住宅リフォーム総合情報seoリンク相互リンク研究会童話集女性向けエステ.com相互リンク無料相互リンクじゃんけん必勝法貯蓄主婦の在宅ワークサイドビジネス電子マネーJALカード